生命保険料控除証明書が届く時期と払込方法による違い

公開日:2015年1月16日

生命保険料控除を受けるために必要となる生命保険料控除証明書は、生命保険に加入していると保険会社から毎年9月から11月頃に送られてきます。

まず送られてきますので、届く時期は特に意識している人は少ないと思いますが、保険料の支払時期や支払方法によって生命保険料控除証明書が届く時期が異なりますので、本記事では生命保険料控除証明書が届く時期を紹介します。


[スポンサーリンク]

生命保険料控除証明書が届く時期

  • 9月分までの支払い保険料については10月中旬から下旬にかけて、10月以降は保険料の払込の都度証明書が発行されることが多い

生命保険料控除証明書の送付時期は保険会社によって異なりますが、保険料を月払いしている場合、9月分までの支払い保険料については10月中旬から下旬にかけて、10月以降の保険料については保険料の払込があった都度控除証明書が発行され送付されるのが一般的です。

保険料の払込方法が年払いや半年払いの場合は、9月までに保険料の払込がされたときは10月中旬頃に送付され、以降に保険料の払込があった場合は保険料の払込時期に応じて控除証明書が発行されます。

その年に一時払いの保険に加入して保険料を支払った場合は10月中旬に送付されます。その年の10月以降に契約をした場合は契約の成立後に控除証明書が送付されます。

全期前納払いをしている場合は、契約月の翌月上旬に「前納充当通知兼生命保険料控除証明書」が送付されます。その後は保険料充当のたびに「前納充当通知兼生命保険料控除証明書」が送付されます。

■払込方法別の保険料控除証明書の送付時期

払込方法 送付時期
月払い 9月分までの支払い保険料については10月中旬から下旬頃に送付。10月以降は払込の都度送付
年払い・半年払い 9月までに保険料の払込がされたときは10月中旬頃。以降の払込は保険料の払込時期に応じて送付
一時払い 10月中旬頃に送付。その年の10月以降に契約をした場合は契約の成立後に送付
全期前納払い 契約月の翌月上旬に「前納充当通知兼生命保険料控除証明書」が送付。その後は保険料充当のたびに送付

このように生命保険料控除証明書が届く時期は、保険料の払込方法、保険料を支払った時期によって異なりますが、おおむね10月の中旬から下旬に送付され、10月以降に契約がされたり保険料が支払われた場合はその都度控除証明書が送付されます。

保険会社によっても異なりますので、年末になっても控除証明書が送付されない時には保険を契約している会社に確認をしてみると良いと思います。


自分にあったお金の相談相手を見つける

老後のお金に対する不安を解消するには専門家に相談するのが一番で、特定の金融機関に属さないFPは大切なお金のことを相談する相手にぴったりです。

住んでいる地域や年齢、家族構成から自分にあった相談相手を探すことができるので、簡単に無料相談ができます。

FPを探して無料相談

サブコンテンツ

このページの先頭へ